柚花の語り

ユズユズのブログ

価格はどの色でも税込み60,000円となっています。

1954年に発足した自衛隊専守防衛で自らの武力を抑えていた。
冷戦後、北朝鮮や中国が起こしうる紛争に対応するため、周辺有事で米軍に協力できるよう日米同盟を「再定義」した。
今回の朝鮮半島の緊迫は日米同盟の再々定義を迫るものといえる。
日本の領土がミサイルの脅威にさらされ、自国防衛の本丸への課題に直面する。
米軍が打撃力を担う矛、自衛隊が基地提供などで支援する盾の役割分担を見直す議論につながる。
思いは同じです。
しっかりやっ ていきたい。
3月30日、安倍晋三首相は首相官邸を訪れた自民党今津寛安全保障調査会長に伝えた。
ミサイル防衛の強化や敵基地を攻撃する能力を持つよう提言された後の発言だ。
提言を受け、政府は地上配備型ミサイル迎撃システムのイージス・アショアなどの導入を検討する。
敵の基地をたたける矛の代表例が巡航ミサイルトマホークだ。
政府・自民党に待望論が強い。
約3千キロメートルの射程をもち、遠く離れた場所から北朝鮮を攻撃できる。
トマホークは1発あたり約1億円。
1発で数十億円かかる迎撃ミサイルより割安だ。
盾の守りを固めるよりも、飛び道具の矛を持った方が実は費用対効果はいい。
矛があれば抑止力を強める効果も期待できる。
だが憲法が禁じる先制 攻撃にならないようにするには、敵国が攻撃してくる意図を確定しなければならない。
米軍の情報提供なしに独自の判断は難しい。
米軍に矛を任せるだけでは同盟は成り立たない。
古庄幸一・元海上幕僚長は米軍核兵器の日本への持ち込みや空母保有を検討課題に挙げる。
いずれも戦後日本の防衛政策でタブー視され、政治的に封印されてきた課題だ。
次に、こんな話題も提供。
ココマイスターのセカンドバッグで失敗しない!お役立ち情報。
http://www.xn--eckopja1bo5a2b9c3d9holle.com/
ココマイスターが展開するセカンドバッグの魅力に迫ってみたいと思います。
また、最後のほうで、ココマイスターのセカンドバッグ購入で失敗しないためのお役立ち情報もお伝えしますので、どうぞお見逃しのないようにしてくださいね。
価格はどの色でも税込み60,000円となっています。