柚花の語り

ユズユズのブログ

行政による事前規制型社会から司法による事後救済型社会への転換を目指した。

身近で使いやすい司法を目指す司法改革の目玉として法科大学院は04年度から始まった。
試験対策に偏らない内容で、社会人や法学部以外の出身者も対象にした。
しかし、乱立が教育機能の低下を招く。
当初は20校程度と見積もられた法科大学院は、ピーク時は74校に上った。
文部科学省のある職員は大学側には法科大学院がないと三流大学扱いされてしまうとの思惑が強かったと振り返る。
責任を持って教育しようという意識が希薄、改善が必要との意識が欠如。
文科省法科大学院を審査した報告書には厳しい言葉が並んでいる。
既に募集を停止した法科大学院を修了した男性は授業で関係のない話を延々とする教授や進級すら危ない学生も 多く、モチベーション維持に苦労したと話す。
当初は70~80%と見込んだ法科大学院の司法試験の合格率は20%台と低迷している。
国立大で約80万円、私立大で100万円以上という高額の学費を2年以上払ってまで通ううまみは薄れ、法科大学院離れが進んだ。
さらに経済的理由などで法科大学院に通えない人の例外ルートだったはずの予備試験に多くの大学生が流れ、今では予備試験が最短コースとして使われている。
16年度の司法試験の合格者のうち、予備試験組は過去最多の235人。
司法試験塾伊藤塾伊藤真塾長は学生も社会人も優秀な人ほど予備試験狙い。
法科大学院は滑り止めにすぎないと話す。
そもそも法曹需要が今後増えるため、弁護士が足りなくなるという政府の見通しが外れたのが 誤算だった。
政府は規制緩和の進展で行政による事前規制型社会から司法による事後救済型社会への転換を目指した。
さて、内容が変わって「パート1(日吉)」は長田区日吉町にある施設で、JR山陽線鷹取駅より徒歩約7分、新長田駅より徒歩約11分、神戸市営地下鉄西神線板宿駅より徒歩15分など、駅から徒歩圏内で利用出来る施設です。
「パート2(駒ヶ林)」はJR山陽線の新長田駅より徒歩約14分、「パート3(新長田)」はJR山陽線の新長田駅より徒歩約7 分、「パート4(湊川)」は市営地下鉄山手線の長田駅より徒歩約10分など、いずれも駅から徒歩圏内で利用出来るトランクルーム施設を神戸で用意しています。
自宅から近い場所、駅から近い場所などで施設を選びたいと考える人は多いかと思われますが、ハローストレージの店舗の場合は、同じ広さでも店舗が異なる場合は使用料が異なっているケースもあります。
トランクルーム神戸